読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TechNote

とあるエンジニアのただのメモ

「組織内で輝く個になる」ということ

引き続き「ウェブ時代をゆく - いかに働き、いかに学ぶか」をゆっくりと読んでいる。少し先の自分に必要になりそうな言葉なのでメモ

f:id:kojikoji75:20150801211431j:plain

大組織の中で生きている人間で、勤めている会社の存続にも確信がない、「大組織適応性」資質に自信がない、漠然とだが30歳〜45歳を「ここではないどこか」で仕事をしたい、と思っている人は危険であるという。そのような人に以下のような心構えを奨めている。

そういうタイプの人は、「その会社から吸収できることをすべて吸収し、その十五年間のできるだけ早い時期に辞める」というビジョンを持って生きるべきだと思う。最終的にその組織を離れないことになったとしても、自覚的に十五年をそう生きれば「組織と個の関係」も対等に近づいていくことだろう。そんな決意を秘めて働いている人の方が、逆説的だが、組織内で「輝く個」になれる。「吸収できることをすべて吸収する」と決めたら、多様性と広がりに満ちた組織全体の中で「自分の志向性」に合致する場所を見つけ、積極的に働きかけて、何とかそこに移っていくことである。そしてその新しい居場所で、志向性のおもむくままにどこまでも行き「突き抜け感」のようなものを経験できると「けものみち」を歩いていく準備がだいぶできたことになる。
第六章 大組織 vs. 小組織

そういえば同じ職場の人で「輝く個」のような人がいた。その人も「退職」とかたまに口にしてた。まさに「決意を秘めて働いている人の方が、逆説的だが、組織内で輝く個になれる」の身近な例であった。

自分はちょっとそういうところを失いつつあったので気をつけよう。



あわせて読みたい

少し遅れて堀江貴文「ゼロ」を読んだ - TechNote少し遅れて堀江貴文「ゼロ」を読んだ - TechNote

Kindle版で読みました。ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく作者:堀江貴文出版社/メーカー:ダイヤモンド社発売日:2013/11/01メディア:...

機嫌が悪いときほど人はクリエイティブになるのか? - TechNote機嫌が悪いときほど人はクリエイティブになるのか? - TechNote

機嫌が悪いときほど人...

斎藤孝 オススメ本(6) 上機嫌の作法 - TechNote斎藤孝 オススメ本(6) 上機嫌の作法 - TechNote

上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)作者:齋藤孝出版社/メーカー:角川書店発売日:2005/03メディア:新書購入: 14人クリック: 140回この商品を含む...

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

入門 組織開発 活き活きと働ける職場をつくる (光文社新書)

入門 組織開発 活き活きと働ける職場をつくる (光文社新書)

なぜ、戦略を実行するのはむずかしい? 組織のなやみ研究所

なぜ、戦略を実行するのはむずかしい? 組織のなやみ研究所


広告を非表示にする