TechNote

事務屋のおぼえがき

Chocolateyインストール直後のパスのこと(Environment Vars (like PATH) have changed)

前記事で「情シスが複数同じマシンを用意したいときとかにも便利」みたいなことを書いたが、ひとつ懸念点メモ。

例えばRubyをChorolateyを使ってインストール後、すぐにRuby -v とすると以下のようなエラーが出た。

ruby : 用語 'ruby' は、コマンドレット、関数、スクリプト ファイル、または操作可能なプログラムの名前として
認識されません。名前が正しく記述されていることを確認し、パスが含まれている場合はそのパスが正しいことを確
認してから、再試行してください。

f:id:kojikoji75:20220319113807p:plain

よおくchoco install時のメッセージを確認すると、実はChocoによるインストール時に下記のようなメッセージが出ていた。

Environment Vars (like PATH) have changed. Close/reopen your shell to
 see the changes (or in powershell/cmd.exe just type `refreshenv`).

環境変数が変更されたので、シェルを開き直すか'rfreshenv'とタイプしてね」

Chocolateyインストール直後の(現在実行中の)シェルではパスが通っていない模様。


ではrefreshenvを試してみる。

refreshenv

あれ?それでもメッセージが変わらない。
f:id:kojikoji75:20220319113952p:plain


シェルをいったん閉じて、起動しなおしてみよう。
f:id:kojikoji75:20220319114046p:plain

OK。
refreshenvが効かないことについては不明。

【参考】
https://qiita.com/k1tajima/items/f7e02e3795963d34e635