TechNote

事務屋のおぼえがき

【Python】クローズドネットワークでインストール不要のWinPythonを使う

インストールが許可されていないクローズドなネットワークでPythonを使いたい状況になったときにWinPythonが便利だったのでメモ。

1.WinPythonとは
2.WinPythonの導入
3.WinPythonの使い方
4.VSCodeデバッグ実行するときの注意点

1.WinPythonとは

WinPythonはインストール不要のPython実行環境。インストール不要なのでUSBで持ち運んで挿すだけで使える。
しかもPythonの実行環境だけでなく、NumPy、Pandas等の便利ライブラリやJupyter Notebook等の開発環境も含んでいる。ここが大きい。



2.WinPythonの導入

インストールは不要なので"導入"と表現しておく。
下記サイトからダウンロードしたexeを解凍。exeのサイズは770MB程度ある。解凍されたフォルダを好きなところに配置。
https://sourceforge.net/projects/winpython/https://sourceforge.net/projects/winpython/

3.WinPythonの使い方

上で解凍したフォルダの中のWinPython Command Prompt.exe を起動するだけ。


コマンドの使い方は通常のpythonと同様。

実行

python xxx.py 

pip(Pythonのパッケージ管理システム)のアップデート

pip install --upgrade pip 

パッケージのインストール

pip install [package名] 

※pipのアップデートやパッケージのインストールについてはもちろんインターネット環境で実行しておく必要がある。

4.VSCodeデバッグ実行するときの注意点

VSCodeデバッグを行うためには最初のみインタープリタを指定してやる必要がある。

まずは下図の右下のPythonのバージョンが書かれたところをクリックする。(※最初は何も選択されてないか違うものが選択されているかの状態のため、下図とは表示が異なるはず)

上部にPathを入力するところがでてくるので、今回WinPython実行環境のpython-3.10.5.amd64フォルダ内のpython.exeを指定する。
具体的には「d\:WPy64-31050\python-3.10.5.amd64\python.exe」のようになる。

以上。