読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TechNote

とあるエンジニアのただのメモ

WindowsXPの代わりとしてLinuxMint+VirtualBox+MicrosoftOfficeを実業務に使えるか?

Linux

前記事Ubuntu+MicrosoftOffice(PlayOnLinux使用)環境を構築してみて、PlayOnLinux(Wine)ではMicrosoftOffice使用時の日本語変換がいまいちだったことと、意外に重い(古いマシンで動かすには)ということに気がついたため、今回は方針を変えてLinuxMint+VirtualBoxの中でゲストOSとしてWindowsXP+MicrosoftOffice環境を作って試してみることにしました。

f:id:kojikoji75:20140519230317j:plain
photo credit: Robbie Mosaic via photopin cc

サマリー

1.なぜLinuxMintか?
2.LinuxMintのダウンロードとインストール
3.VirtualBoxのダウンロードとインストール
4.ゲストOSとしてWindowsXPをインストール
5.ゲストOSへMicrosoftOfficeをインストール
6.共有フォルダの設定など
7.業務に使えそうか?



1.なぜLinuxMintか?

LinuxMintはLinuxディストリビューションの一つです。
LinuxMintはUbuntuをベースにしていて、リポジトリも同じものを共有しているため、「Ubuntuで動くソフト=LinuxMintでも動く」という関係にあります。
また、見た目がWindowsに近いということも特徴の一つです。このあたりも影響してか、今やUbuntuよりも人気が高いという声もあります。

Ubuntuと同等かそれ以上の人気を誇り、Ubuntu同等に日本語サポートが充実しながら、Ubuntuより軽いというところが今回LinuxMintを選んだ理由です。
(古いマシンへのインストールが前提にあるため軽い必要があり、かといってWindowsユーザが納得する安定感もほしいため)

選んだバージョンは、LTS(長期サポート)版のあるLinuxMint 13 "MAYA"です。
これは前回記事で取り扱ったUbuntu 12.04 LTSをベースにしたもの。

LinuxMintの基本的な話はこの辺りにあります。
ホームページ | Linux Mint Japan
Linux Mint - Wikipedia





2.LinuxMintのダウンロードとインストール

(1)isoイメージのダウンロード

ここからisoイメージをダウンロードします。
http://linuxmint-jp.net/Download.html


今回はLTS版をインストールしたいので、「All version」タブから下記をクリック。
f:id:kojikoji75:20140519212958p:plain

さらに様々なエディションが存在するので、とりあえず何も下調べがない状態の人は「MATE」を選択。
f:id:kojikoji75:20140519212937p:plain


前回記事のUbuntuのisoがぎりぎりCDに焼けるサイズだったのに対し、LinuxMintはCDに収まり切れないサイズなので、DVDに焼きます。
この時きちんとイメージとして焼くことに注意しましょう。(前記事参照)

(2)インストール

対象マシンにLiveDVDをセットし、マシンを起動するとインストールが始まります。
インストールの詳しい手順はこの辺。
Linux Mint/Linux Mint 12のインストール - Linuxと過ごす





インストールが完了したら、Ubuntuのときと同様にパッケージをアップグレードしておきましょう。ターミナルで以下のコマンドをたたきます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade


Ubuntuのときとは違い、JapaneseTeam の追加パッケージをインストール。ここで600個以上のパッケージがインストールされるので時間がかかります。

$ sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja


LinuxMint13 のインストール直後は日本語入力システムがインストールされてないらしいのでインストールする。
Ubuntuなどでは標準で採用されているインプットメソッドIBUSと日本語エンジンとしてはAnthyGoogleの開発する日本語エンジンであるMOZCを。

$ sudo apt-get install ibus-anthy ibus-mozc

以上でOSの環境は整いました。





3.VirtualBoxのダウンロードとインストール

(1)VirtualBoxLinux向けを以下からダウンロード

f:id:kojikoji75:20140519212732p:plain

Ubuntu12.04向けを選択する。

f:id:kojikoji75:20140519212749p:plain

ダウンロード完了後、インストーラを実行するだけです。






4.ゲストOSとしてWindowsXPをインストール

古いWindowsXPマシンがあるからと言って、WindowsXPインストーラが手元にあるとは限りませんが、ここではあるという前提でWindowsXPをインストールします。

インストール方法は以前書かせていただいた下記の記事と同じ流れです。

VirtualBoxを使ってMac上でWindows8を動かしてみた - TechNoteVirtualBoxを使ってMac上でWindows8を動かしてみた - TechNote

今年はiPhone/Androidアプリ作成に着手しようと、Macの使用環境を整え中です。そんな中、やはりMacを使いながら、同じ画面でWindowsが使える環...

今回はWindowsXPインストールCDをiso化して、VirtualBoxで作成した仮想領域へインストールしました。






5.ゲストOSへMicrosoftOfficeをインストール

VitrualBoxのメニュー「デバイス」⇒「CD/DVDデバイス」⇒「ホストドライブ」を選択すると、ホストOS側の光学ドライブに挿入したCDやDVDを読み込むことができるので、これにてMicrosoftOfficeをインストールします。

当たり前ですがWindowsXPへのインストールすることと全く同義なのであっさりインストールされます。
そしてOfficeは言うまでもなく普通に使えますので、ここでは割愛します。


6.共有フォルダの設定

まず事前準備として、VirtualBoxのメニュー「デバイス」⇒「GuestAdditionsのCDイメージを挿入」からGuestAdditionsをインストールします。「CDイメージを挿入」と書いてありますが、CDを用意しなくてもきちんとインストールは始まります。

GuestAdditionsは、マウスカーソルのシームレスな移動、シームレスなウィンドウサイズの変更、高解像度のデスクトップ画面が使用可能、ゲストマシンの制御と監視、ホストマシンとの時刻の同期、共有フォルダ設定、クリップボードの共有、などの機能を提供します。

事前準備としてGuestAdditionsのインストールが完了したら、(1)ネットワークの設定と(2)共有フォルダ設定をします。

(1)ネットワーク設定

ホストOSとゲストOSの通信を可能とするために、以下の設定をします。
VirtualBoxマネージャの「ファイル」⇒「環境設定」⇒「ネットワーク」⇒NATネットワークを追加

ゲストOSの上部メニューにて「デバイス」⇒「Network」⇒「ネットワーク設定」
割当は「NAT」を選択⇒「ポートフォワーディング」をクリック

ポートフォワーディングの設定画面で、ホストOSのIPアドレス/ポート番号とゲストOSのIPアドレス/ポート番号を設定します。
IPアドレス欄はどちらも空欄で可。ポート番号をどちらも3000などとする。

(2)共有フォルダの設定をします。

まずホストOS側に、ゲストOSとの間で使用する共有フォルダを作成します。

適当にフォルダを作成して、右クリック⇒「共有フォルダ」を選択して共有フォルダ化します。
認証パスワードが要求されますので、入力します。
f:id:kojikoji75:20140519211315p:plain

フォルダの共有設定で、共有プロトコルWindowsネットワーク(SMB)」を選択します。
f:id:kojikoji75:20140519211245p:plain


以上で設定は完了です。
f:id:kojikoji75:20140519211351p:plain

VirtualBoxではゲストから見たホストのIPアドレスは「10.0.2.2」なので、そこへアクセスしてみます。
f:id:kojikoji75:20140519211452p:plain
共有フォルダが表示されていることがわかります。
ちなみにVirtualBoxではゲストから見たホストの端末名は「vboxsrv」で、上記は\\vboxsrvでもいいです。


いつでもアクセスできるようにnet useコマンドでドライブに割り当てておきましょう。

net use z: \\vboxsrv\share

f:id:kojikoji75:20140519211652p:plain





7.業務に使えそうか?

いきなり結論にきましたが、実はVirtualBoxを使いだした辺りから動作がものすごく重くなり、ScreenShotを撮るのも一苦労というでした。

まだいろいろな設定を試せてないですが、それ以前に、古いマシンにLinuxMint+VirtualBox+MicrosoftOfficeを入れ、その他のWindowsマシンと同等に使うというのはあまり現実的ではないという結論にたどり着きました。

UbuntuもLinuxMintも本当は軽くて素晴らしいOSなのだろうとは思いますが、今回のように古いマシンにインストールするという前提では、どうしてもよい評価をくだすことはできませんでした。それはUbuntuやLinuxMintが悪いのではなく、推奨スペックぎりぎりかそれ以下で試しているこちらが悪いので、仕方がないことです。

ということで結論。Linux自体はさほど抵抗なく実業務に使えるとは思いますが、当初WindowsXPが搭載されていたようなマシンにインストールしても満足な使用感は得られないということがわかりました。

せっかく手元にLinux環境が残ったので学習用に残しておきたいと思います。



あわせて読みたい

WindowsXPの代わりとしてUbuntu+MicrosoftOfficeを実業務に使えるか? - TechNoteWindowsXPの代わりとしてUbuntu+MicrosoftOfficeを実業務に使えるか? - TechNote

WindowsXPのサポートが終了したからといって、会社や団体は資金繰りの都合もあり単純に全てのマシンの買い換えやOSアップグレードができている状態とは限らない...

jQueryでスライダー機能を実装 - 横幅いっぱいのスライダーFullWideSlider - TechNotejQueryでスライダー機能を実装 - 横幅いっぱいのスライダーFullWideSlider - TechNote

以前のエントリーjQueryでスライダー機能&#...

一度は観ておきたい!エンジニアが主役の映画5選 (とそこで使われている技術を少々) - TechNote一度は観ておきたい!エンジニアが主役の映画5選 (とそこで使われている技術を少々) - TechNote

以前から一度まとめてみたかったタイトルの件、今更ながらまとめておきます。観たい映画がなくなった方や、エンジニアとして働いてるけど目標を見失ったという方のご参考に...


Linuxエンジニア養成読本 [仕事で使うための必須知識&ノウハウ満載!] (Software Design plus)

Linuxエンジニア養成読本 [仕事で使うための必須知識&ノウハウ満載!] (Software Design plus)