TechNote

情シスの覚え書き

Officeクイック実行版(Click to Run:C2R形式)を社内ネットワークにおいてODT(Office展開ツール)を使ってアップデートしたメモ

サマリー

Officeクイック実行版(C2R形式)はWSUS配信によるアップデートができない。
対応するにはMicrosoftが配布しているOffice Deployment Tool(ODT)を使ってアップデートを行う必要がある。(※Office 2010についてはWSUSからの配信があるため問題ない)

ということで、インターネットにつながらない社内ネットワーク(WSUS環境)においてMicrosoftが用意しているOfficeDeployTool(Office展開ツール)を使ってアップデートした際のメモ。

f:id:kojikoji75:20190909144233j:plain

1.OfficeDeploymentTool(Office展開ツール)の仕組み
2.xmlファイルの準備(サンプルあり)
3.インターネット側での作業
4.社内ネットワーク側での作業


1.OfficeDeploymentToolの仕組み

まず、大まかには下記のとおり

  • 各バージョン(Office2013、Office2016...)ごとに対応したOfficeDeploymentToolのアップデートファイル(みたいなもの)がある。
  • setup.exeと設定ファイル(xml)からなり、setup.exeはアップデートファイルダウンロード・インストール共に使う。
  • xmlは、インターネット側でダウンロード(インターネット⇒サーバ)に使うxmlと、社内でアップデートインストール(サーバ⇒クライアント端末)に使う設定ファイルが異なる。

2.xmlファイルの準備(サンプルあり)

下記を参考に、xmlファイルを準備する。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/overview-of-the-office-2016-deployment-tool
https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/configuration-options-for-the-office-2016-deployment-tool

xmlのサンプル

インターネット⇒サーバ用(foo.xml

<Configuration>
  <Add SourcePath="\\xxx.xxx.xxx.xxx\sample" OfficeClientEdition="32">
    <Product ID="HomeBusinessRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
  <Updates Enables="TRUE" UpdatePath="xxx.xxx.xxx.xxx\sample" />
  <Display Level="None AcceptEULA="TRUE" />
  <Language Level="Standard" Path="xxx.xxx.xxx.xxx\sample" />
</Configuration>

サーバ⇒クライアント端末用(bar.xml

<Configuration>
  <Add SourcePath="\\yyy.yyy.yyy.yyy\sample" OfficeClientEdition="32">
    <Product ID="HomeBusinessRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
  <Updates Enables="TRUE" UpdatePath="yyy.yyy.yyy.yyy\sample" />
  <Display Level="None AcceptEULA="TRUE" />
  <Language Level="Standard" Path="yyy.yyy.yyy.yyy\sample" />
</Configuration>

※手順「3.インターネット側での作業」で使用する"foo.xml"と、手順「4.社内ネットワーク側での作業」で使用する"bar.xml"の2種類を準備する必要がある。

オプションの説明

オプション名 説明
Add SourcePath="\\Server\Share" "\\server\share" にダウンロードされ、その場所のインストールファイルを使用して展開
Add OfficeClientEdition="32" 32bit版をダウンロードしてインストール
Language ID="ja-jp" 日本語版をダウンロードしてインストール
Updates Enabled="TRUE" 更新プログラムをチェックする
Updates UpdatePath="\\Server\Share" "\server\share" で更新プログラムをチェックする
Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" インストール時にGUI非表示
Logging Level="Standard" Path="%temp%" ログ ファイルを%temp% フォルダーに保存

3.インターネット側での作業

インターネット側においているサーバや専用端末で、インターネットからOfficeのアップデートファイルをダウンロードするために、setup.exeとxmlを配置し、コマンドプロンプト(管理者で実行)で下記を実行。

setup.exe /download "foo.xml"

ダウンロードされたファイルを、USB等で、社内ネットワークの所定の場所へ移動しておく。

4.社内ネットワーク側での作業

クライアント端末にsetup.exeとxmlを配置し(資産管理システム等で配信するなど)、コマンドプロンプト(管理者で実行)で下記を実行(これも資産管理システムなどでバッチを配信&実行させるなど)。

setup.exe /configure "bar.xml"

クライアント端末のスペックにもよるが、configureの実行完了には数分を要した。その間はOffice製品を起動してはいけないことに注意。

以上。