TechNote

とあるエンジニアのただのメモ

CentOS6.8のPHPを7にあげる~Composerインストールまで

まえおき

CentOS6.8で普通にphpyumインストールしてもPHP5.3.3しか手に入らなかったので、入れなおす。

ここからはroot権限が必要な作業が多いので、あらかじめroot権限を付与。

sudo -s

PHP5.3を削除する

既存のPHP5.3を削除する必要がある。

yum erase php*

EPELリポジトリ追加

以下で追加。

yum install epel-release

Remiリポジトリ追加

以下で追加。

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP5.6の場合は

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP7をインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

これでPHP7が入る。

PHP5.6の場合は

yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

php.iniの編集

viで編集する。場所はetc/php.ini

date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbsting.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = UTF-8
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_charset = none

Composerをインストール

ダウンロード

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

パスが通っている場所に置いて、リネーム

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

ちなみにパスの通っている場所は下記でわかる

printenv PATH

CentOS 7で作る ネットワークサーバ構築ガイド

CentOS 7で作る ネットワークサーバ構築ガイド

PHPフレームワーク Laravel入門

PHPフレームワーク Laravel入門