読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TechNote

とあるエンジニアのただのメモ

DL版だけ!? Office2013のバックグラウンド更新に困った話 と クイック実行の周辺事情

Office2013をインストールして使用してみたところ「officeが応答できない状態になっています」というメッセージがやたら出て困りました。調べていくとこれは「クイック実行」という仕様とのこと。結構真剣に悩まされたので、そのあたりの周辺事情をまとめておきます。

f:id:kojikoji75:20140802224049j:plain
photo credit: Scott Beale via photopin cc

サマリー

1.Office2013の困った現象
2.周辺事情を調べてみた
3.解決策


1.Office2013の困った現象

Office2013ダウンロード版をインストールして使用していたところ

officeが応答できない状態になっています。
バックグラウンドでダウンロードするファイルが少ないため、この処理はすぐに終了します。

などと頻繁に出てきます。

その間カーソルは「処理中マーク」で、office自体も使用できません。また「すぐに終了します」と言いつつそのまま完全にフリーズしてしまうこともあります。

Excelで式を入力したときの例。
f:id:kojikoji75:20140802224649p:plain

パワポの新規作成画面。
f:id:kojikoji75:20140802224703p:plain

これは、Office2013がバックグラウンドインストールという手法を取り入れており、初回インストール時は最小限のインストールだけを行い、その後の使用時に、必要となる機能をバックグラウンドで随時ダウンロードしながらインストールしてゆくという手法のようです。


実際、しばらく使用して(各機能でそのメッセージに遭遇しては我慢して待って...を繰り返すという意味)いると、現象発生頻度は落ち着いてきます。

ですが、「その機能を使用するときに初めてダウンロードされる」という原則は変わらず存在するので、例えばインストール半年後のある日に緊急のパワポ作業が発生したとして、これまで使用したことのない機能を使用することになった場合、思い通りに作業を進められず歯がゆい思いをすることになるでしょう(その頃にはバックグラウンド更新の存在なんて忘れているだろうし)。ネットが繋がらない場所での作業が要求されたら、歯がゆい思いをするどころか完全アウトということになるでしょう。

こんなことを心配するくらいなら、従来のWindowsインストーラmsi)等による方法で、フルインストールされる時間をじっと待つほうがマシです。ということで、現在その辺りの事情はどのようになっているのか少し調べてみました。




2.周辺事情を調べてみた


まず、Office2013の購入方法はディスク版とダウンロード版があります。

当初は「こんなバックグラウンドの個別ダウンロード処理が走るのは、ダウンロード版を購入してしまったから?」などと思ったりしてましたが、そうではないようです。
基本、ディスク版もダウンロード版も「クイック実行」という点は同じらしいです。

「クイック実行」というのは、バックグラウンドで個別ダウンロード&インストール処理が走る仕組みのことをMicrosoftがそのように命名しているようです。Office2013から大きく変わった機能の一つらしいです。クイック実行は本当は「Click-to-Run」というのが本来の名称ですが、日本のマイクロソフトサポートページ等では「クイック実行」と呼ばれています。



購入時は気づきませんでしたが、きちんとOffice2013ではクイック実行を採用している旨を明記してあります。
Office インストール | Microsoft Office



クイック実行の導入により、サービスパックなどのパッチを適用する必要がなくなるようです。

Office 2013 のクイック実行バージョンでは、Microsoft Update (以下、MU) や Windows Server Update Services (以下、WSUS) による個別の更新プログラムの適用は行えず、Microsoft クイック実行ソース (コンテンツ配信ネットワーク (CDN)) から更新プログラムを取得します。既定で自動更新が有効であり、クイック実行バージョンでは最初から最新状態となります。そのため、製品をインストールした直後に、更新プログラムやService Pack をダウンロードして適用する必要はありません。

クイック実行の概要




上記も含めたメリットがは以下のようにまとめられていました。

クイック実行バージョンの Office 製品を使用するメリットのいくつかを以下に示します。

  • ダウンロードとインストールを高速に実行できます。インストールの完了前に製品の使用を開始できます。
  • 最初から最新の状態であり、自動的に最新の状態に維持されます。更新プログラムを手動でダウンロードおよびインストールする必要はありません。
  • 異なるバージョンの Office 製品を同じコンピューター上で並行して実行できます。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219427.aspx


なるほど、クイック実行がどんなものかということや、Microsoftが注力して変更を加えた仕組みだということもわかりました。今後もこの仕組みと付き合っていく必要は確実にありそうです。

では、私のように困ったユーザ側のとるべき対策はあるのでしょうか?

3.解決策

以下のような記述を見つけました。

Office 2013 では、インストール方式の異なる次の 2 つのバージョンが用意されています。


Windows インストーラー ベース (MSI)」。
正に欲しかった文言が目に飛び込んできたわけですが、読み進めていくと...

この資料は以下の製品について記述したものです。

Office 2013 用 (MSI) のサポートされているインストール方法


どうやらMSIインストールが可能なのは、企業向けのボリュームライセンス版の Office Professional Plus、Office Standard 2013、Office 365 などの製品の場合だけとなっているようです。
個人用で一般的に購入されるOffice Home and Businessあたりは対象外でした。

よって、解決策はありません。
「ネット環境が遅い人は、早い環境に切り替える」くらいでしょうか。


最後に、下記の環境での検証でした。

  • mac + ゲストOSとしてWindows8(ゲストOSにOffice2013インストール)
  • Office2013はダウンロード版「MicrosoftOffice Home and Bussiness 2013」

あわせて読みたい

Excel2010のカレンダーコントロール(DatePicker)周辺事情 - TechNoteExcel2010のカレンダーコントロール(DatePicker)周辺事情 - TechNote

社内にOffice2003、2007、2010などが混在するような環境の方もたくさんいるだろう。このような環境で意外に苦しむのが、社内開発等で多用されるカレンダ...

VirtualBoxを使ってMac上でWindows8を動かしてみた - TechNoteVirtualBoxを使ってMac上でWindows8を動かしてみた - TechNote

今年はiPhone/Androidアプリ作成に着手しようと、Macの使用環境を整え中です。そんな中、やはりMacを使いながら、同じ画面でWindowsが使える環...

Excel  関数による文字列操作のみで西暦を和暦に変換する方法 - TechNoteExcel 関数による文字列操作のみで西暦を和暦に変換する方法 - TechNote

ずっと以前から一度はまとめてみるべきと思っていたのでまとめてみる。var show_width = document.documentElement.clien...



すぐわかる Office 2013 Windows 8/7対応 (すぐわかるシリーズ)

すぐわかる Office 2013 Windows 8/7対応 (すぐわかるシリーズ)

速効!図解 Word & Excel 2013 Windows・Office 2013対応 (速効!図解シリーズ)

速効!図解 Word & Excel 2013 Windows・Office 2013対応 (速効!図解シリーズ)